モチベーションアップに「褒める」は必要か?

チームメンバーのやる気を引き出すために、リーダーはメンバーを「褒める」べきなのか。
それとも「褒めること」をそれほど意識しなくてもよいのか。
チームを運営する立場のひと、部下を育成する立ち場のひとは、一度は考えたことがあるテーマではないだろうか。

個人的な感覚は「褒めて育てる、能力を伸ばす」という風潮は、一般的に強いのではと感じている。褒めることとは反対の「叱る、注意する」は、うっかり方法を間違えば、「パワハラ」と言われかねない空気もあるからかもしれない。

私自身に関して言えば、褒められて育つタイプではなかった。叱られてダメ出しをされたほうが「悔しい」という気持ちになって、それを原動力に動くタイプだ。
そして、褒められることにはあまり慣れていないし、好きではない。
たとえば上司にほめられても「あぁ、他の人に振りにくい仕事がくるな」などと猜疑心のカタマリになる可愛げのないタイプだ。

一方、チームリーダーや管理職として仕事をしていたときには、どうだったかというと、いわゆる「褒め言葉」は使っていなかった。

「いつもがんばっている」
「優秀」
「すごい」

こういったあいまいな表現は使わないように心がけていた。
なぜなら、これらの表現はいかにも表面的で薄っぺらく感じるからだ。
極端に言えば、心が無くても口にできる言葉だ。自分が言われたら何よりも寒気がするので決して口にしなかった。

では、全く褒めなかったのか、というとそうではない。
「褒める」と定義してよいのかは分からないが、私が実施していたことは
その人自身の強みと思う「事実」を伝えるということ。

「Aさんが作ってくれた改善案で相手の部署も納得してくれて収まったよ」
「Bさんが対応してくれたC店舗の件、あれから、先方が事前に相談してくれるようになったよ」
「Dさんは細部まで気を抜かないで確認してくれるので助かる」

と、どんな些細な事でもその人が担当したことや、強みと思われることは伝えていた。

そして、自分で事業を運営するようになってさらに気づいたことがもう一つある。

それは、できるようになったことを「伝え続ける」ことの重要性だ。

スタジオでのフィットネス事業は、指導するという側面もある一方で接客業でもある。
接客業は、お客さんが快適になるサービスや商品を提供することが基本だ。

しかし、私は冒頭に書いたように、接客業といえども下手な「褒め言葉」は出来る限り使いたくないと思っている。承認欲求を満たされたいという人がいることは理解しているが、心にも思っていないことは、やはり私は口にできない。
ではどうしているかというと、先ほど書いたように、お客さんに対してもその人の良い部分を必ず伝えている。

「上半身の筋力は強い」
「脚の裏側の柔軟性は高い」
「よくインストラクションを聞いている」
「聞いたことを体に伝えて動かせる器用さがある」

と、体の特徴のみならず、レッスン中に気づいた良いことは、全て伝えるように意識している。

また、トレーニングを続けてきている人には、できなかったことができるようになったときにそのことを詳細に伝えることをしていくと、お客さんのモチベーションアップにもなるということに気づいた。

「トレーニングの力がついてきたな」と自分自身でなんとなく感じていても、単なる自己満足かなと考えてしまうひとも中にはいる。ところが、教わっている人から「できるようになった」と言われることで「成長していることを見ている人の言葉」になるので、本人にとっては自信につながるのだと思う。

「伝え続ける」ためには、当然、その人を見続けなければならない。それは結構大変なことだ。
しかし、「きちんと自分のことを見続けていて、良い部分がある、と認めてくれる人がいる」ことに嫌悪感を抱く人はいないだろうし、そうした安心感があることによって、お互いの信頼関係を築けるのでないだろうか。
上っ面で表面的な「褒め言葉」よりはずっと、モチベーションアップにつながると私は思う。
しっかりメンバーを見ていることができれば、少なくともモチベーションが低下している状態に気づけるし、信頼関係が作れていることで相談もされやすいと思う。

メンバーの士気が少し低下してきて悩んでいる、どうしたらよいのかと考えているひとがいたら
まずはメンバーの強みやその人自身の成長を「事実」で伝えてみてはいかがだろうか。

———
人は常にいろいろな“可能性”を秘めていると思います。自分自身も、一緒に働く仲間も、何かちょっとしたきっかけがあればプラスに発揮される能力が隠れています。
当社はその「ちょっとしたきっかけ」をとおして、お客様自身に新たな能力に気づいてもらいたい、それをビジネスにつなげてもらえるようなサポートを目指しています。

PAGE TOP