新入社員の第一歩!聴く力を理解する

これまでになかったスタイルの研修、「じぶん発見!ビジネススキル基礎研修」プログラムを
活用いただいた企業様のご紹介です。

 

導入の背景

【導入企業様】

  • 株式会社BFT (代表取締役社長:小林道寛様)
  • 設立:1994年2月1日
  • 従業員数:287名(2017年4月時点)
  • 事業内容:情報システム基盤の構築・運用・情報システム基盤製品のサポート・業務システムの開発
  • 会社URL: http://www.bfts.co.jp/

ご利用いただいた感想:

Q.取り組んでみようと思ったきっかけを教えて下さい

A.システムエンジニアとして必要な能力は大きく2つ、スキル(知識・技能)と顧客対応力があるのですが、
どちらもベースとして学ぶ姿勢が無いと成長につながりません
実業務に携わる前の新入社員に対して、このような姿勢に関する気づきとなる実体験を提供したいと思いました。

Q.他の研修と比較した違い

A.受講者にとって、テーマ(傾聴・報連相)に対する納得感が異なると思います。
エアリアルを通じて受講者同士やインストラクターとの関係が構築されていきますが、
同一の体験を共有した関係からか、ディスカッションでもお互い熱心に話を聞いていたように感じました。

インストラクターとの関係についても教える側と教わる側という一方的な関係ではなかったと思います。
受講者は「教わる・教える」を繰り返しながら、学ぶことについて自分の考えを成熟させていったようで、
これも研修のベースとして良かったのだと思います。

 Q.利用してみてのご感想

サービスの紹介を受けた時、モノ売りではなく、会社の事について一緒に考えてくれているのが伝わったので
お願いしました。すごく人間くさい研修ですので、今どきの新入社員には良い内容だったのではと
これからの彼らの活躍に期待したいところです。

 

参加いただいた社員様の感想:

・ペアで実践するプログラムを通じて一人では分からないことを客観的に見てもらうことで問題点や改善点が
見えてくることを実感した。

・初めてのスポーツを短時間で学ぶ難しさを感じた、このことはプロジェクトにも通じるものがあると思う。

・スポーツを普段からしていても、別の分野に入ると100%経験を活かせるわけではないことを痛感。
先人の教えを聞くべきと思った。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP